高額転売は無くなるのか!?

この記事の所要時間: 316

朝からの雨でジメっとした1日でした、こんばんは。

好きなアーティストや、好きな舞台や、好きなスポーツなど、

趣味がある人には避けては通れない “チケット入手問題”

FCに入っていても取れなかったり、希望の日が外れてしまったり、

直前になって行きたい公演があったり、

いろんな場合にお世話になるのがチケット転売やオークションで、

でも、そこではほとんどが定価では入手できないから …

高額転売とか、、、批判されてしまうんですよね。

 

でもさ、正直、3か月も4か月も前からチケット買っててさ、

いや、下手したらもっと前からチケット申し込んでさ、

当選して入金して楽しみにしていてもさ、

行けなくなった!!!なんてことって普通にあるじゃない?

そういう時に通常に買った価格(チケット代+手数料+送料)で

売れたら助かるよね。

知り合いはみんなチケット持ってたりしたらさ、

じゃ、どーしろって言うのよ!って気持ちにもなってしまう。

 

と個人的には思うチケット問題ですけどね、

 

一般社団法人日本音楽制作者連盟

一般社団法人日本音楽事業者協会

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会

コンピュータ・チケッティング協議会

 

の4団体が、利用者間でイベントチケットを2次売買できるサイトを作ったんだって。

今日からプレオープンしたそうです。

 

 

https://tiketore.com/

 

今のところは

主催者、ファンクラブ、チケットエージェンシー等にて販売されたチケット

発券済みで手元に持っている紙チケット が対象。

そのうちデジタルチケットも対応するとか。

 

 

とっても良さそうなシステムですけど …

やっぱり手数料が高いよね。

 

販売者側は、チケット券面の金額での販売。

それに取扱手数料とシステム手数料が加算されるそうで、

正規に買った時の手数料は加算出来ずに、

売る時にまた手数料払うんだって。

 

購入者側は定価に手数料(10%+3%)で買えるみたいだし、

ちゃんと保証もあるから、いいかもしれないよね、

というか、安心だよね。

 

例えば、券面10,000円のチケットの場合。

<販売者>

手数料1:1.000円(チケットの10%)

手数料2:380円(振込手数料)

<購入者>

手数料1:1.000円(チケットの10%)

手数料2:300円(チケットの3%)

 

販売者側は11.380円で購入時の手数料に購入者への送料。

購入者側は11,300円。

 

どうしても行ってくれる人が見つからない!

あんまり人気がない!(出しても売れるのかは疑問w)

なんて時には無駄になるなら、空席を作るくらいなら、

出品するのも良いかもしれないけど、

果たしてここで売ろう!と思う人がいるのでしょうか???

 

そもそも、売るチケットが無ければ成り立たないトレードなのに、

根本的にチケット無いじゃん!!

みたいな結末になりそうな気がしてならないのは私だけかな!?

 

高額転売撲滅、を謳っているけれど、

出品者、購入者からの手数料を払う先が変わるだけで

全然画期的じゃなかった件。

サイトを見てがっかりの巻。

 

ほな。


5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください