カードを不正利用されそうになった その1

この記事の所要時間: 217

あんにょん。

そういえば、先週大変なことが起きたんです!

平日の19時過ぎ。

いつも使っているクレジットカード会社のWebmaster名義で

「カードご利用内容の確認のお願い」

という題名のメールが来ました。

 

内容を簡単に言うと …

安心してカードをご利用いただくことを目的に、

不正使用を防止するモニタリングを行っていて、

そのシステムで不正使用の可能性があるので連絡しました。

下記のお問い合わせ窓口まで電話してください。

というもの。

 

問い合わせ先はセキュリティーデスクで、

フリーダイヤルの番号が書いてあるのですが …

 

そもそも、このメールは本物なのか!? 怪しいところ。

 

それでホームページで問い合わせ窓口の番号を調べてみるものの、

その番号は載っていないので、うーん、ここに電話するべきか、

躊躇しますわねー。

フリーダイヤルなので大丈夫か、とも思うけど、

最近の犯罪手口は巧妙なので、疑ってしまいます。

 

で、ひとまずはカード裏に書かれている普通の窓口に連絡。

カード紛失とかの受付に繋げてもらって事情を説明したら、

窓口でカード情報調べますね。とお姉さん。

 

「確かにそのようなメールを送っておりますね」

 

おい、オペレーターにそんなことまで分かるのか!?

 

とびっくりしますが、まぁメールが本物であることは分かった。

 

メールに書かれていた番号に掛け直した方がいいか聞いてみたら、

「転送できるのでお待ちください」と。

そうなのね、なら安心。

しばらくそのまま待っていたけれど、混み合ってて繋がらず。

折り返ししてくれることにしてもらって電話を待つけれど、

セキュリティーデスクは20時までで、その日は連絡つかず。

窓口のお姉さんが20時までに連絡が出来なかった場合は

担当者から翌日連絡させますので、と言っていたので、

その辺の対応の素晴らしさで、カードの不正については

グレーなままではあったけれど、イラっともせず

翌日を待つことが出来ました。

 

さて、翌日。

 

長くなったので、続きは “その2” で。





2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください