履き物を入れる時の常識

この記事の所要時間: 219

こんにちは。

仕事中にこそっと更新、ごめんなさい。

今日起きた不思議なこと、忘れてしまいそうなので書いちゃうww

 

職場は入口にスリッパが置いてあるので、

出入りする時に靴箱のところで履き替えるわけなんですが、

皆さん、さて質問です。

 

靴箱に靴などを入れる時はつま先は手前ですか?

奥ですか?

 

私ね、常識的に、つま先は手前に持ってくるように入れる、

と思って過ごしてきましたけど、

今日学生さんが数十人来て、帰ったあとの靴箱を見たら、

見事にみんなつま先は向こう側なんです。

スリッパの後ろが揃って手前に見えている光景にびっくりしてしまって。

 

一応、ちょっとネットで “靴の向き” のマナーを検索してみましたが、

基本的にはつま先を正面に向けるのが正解!

 

 

理由としては、

かかとのない草履や下駄やスリッパなどは、つま先を持って入れますよね。

また、手前にしておかないと、取る時も取り出しにくいから、ということと、

かかとが前だと、中が丸見えになってしまったり、

磨り減ったかかとが人さまに見えてしまうことにもなり、

美しくないとされているからだそうです。

 

そうだよね、私間違っていなかったよね~と、再確認したんですが、

今の若者はそういう感覚もズレているんでしょうか。

親御さんは細かいことまで教えてあげないといけないのかもしれませんね。

 

でも、それを小・中学生の子供がいる同僚に話したら、

一人がそうするとみんなそうするんじゃない?で済まされてしまいました。

いやいや、そうじゃないと思うけどね。

あなたはちゃんと息子に教えてあげた方がいいと思うよ!と

心の中で思ったのでした。

 

そんな今日の出来事があった本日、ちょっとした豆知識。

 

玄関で靴を脱ぎます。

家に背を向けないように、前を向いて脱ぐことを「入船」

靴の向きを玄関の外に向けなおして置くことを「出船」といい

“靴は入船で脱ぎ、出船に揃える” のがマナー。

めんどくさいからといって、後向きに上がってはいけない

と言われています。

 

風水的にもつま先が手前の方が運気が上がるようなので、

これまであまり気にしなかった方は気を付けてみてください。

 

ではでは、午後もふぁいてぃん!

ほな。


4+

“履き物を入れる時の常識” への4件の返信

    1. tokkuさん、こんにちは。
      気にしてなかった~?
      今度どこかでスリッパ履き替える時とか見てみて!!!

      そうそう、風水ではかかとは奥にした方がいいってよ。
      おうちでもそうしてね♡

      0
  1. あーーーやっぱこれって世代的なものなのでしょうか(笑)私両親が結構年齢いってたせいか上座下座とか乾杯のコップ位置とか(カチーンする所すね)長老にはお頭とか気にするタイプなんすよね(笑)

    0
    1. そうなのよ~、私もそう思った。
      若い世代ってそうなんじゃないかと思うよ。
      たぶんさ~、あんまり気にしなければそれで済むことだしね、
      昔からの伝統的なことってちゃんと意味もあるしね。
      日本のいいところをちゃんと伝えていきたいもんだよ。

      若い世代でちゃんと出来ると逆に目立つもんね。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください