この記事の所要時間: 329

髑髏城がまた新たな展開になるそうです、こんばんは。

 

「髑髏城の七人 極」

 

きょくではなく、きわでもなく、ごく、と読むみたいですw

 

花鳥風月の風まで終演して、来週から月が始まるんですけどね、

その前に今日解禁になったばかりのホヤホヤ情報です。

 

IHIステージアラウンド東京での約1年続いたロングラン公演、

劇団☆新感線『髑髏城の七人』“Season花・鳥・風・月”。

劇団史上初の試みとなるダブルチーム制での上演となる“Season月”の

開幕を目前に控え、いよいよ最終を飾る“Season極”が始動。

物語も一新、主演に天海祐希を迎え、新感線の看板俳優・古田新太が迎え撃つ、

『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“

もうひとつの『髑髏城の七人』”が出来上がった。

新たに紡ぐその物語の名は『修羅天魔(シュラテンマ)』

完全新作となる本作は、天海演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで

今は遊女の<極楽太夫>、古田演じる<天魔王>の二人の愛憎劇。

これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれる。

天海、古田と共に、新生『髑髏城の七人』に挑むキャストには、いのうえ演出は

『サイケデリック・ペイン』以来2度目、劇団☆新感線には初参加となる

福士誠治、同じく初参加の竜星涼、新感線初の本格派時代劇『乱鶯』以来

2度目の参加となる清水くるみ、2004年上演の「アオドクロ」に出演の三宅弘城、

「アカドクロ」に出演の山本亨は共に14年ぶりに『髑髏城の七人』へ、

そして2017年6〜9月に同劇場で上演した“Season鳥”では狸穴二郎衛門役で

出演した梶原善の出演が決定。

IHIステージアラウンド東京で上演する『髑髏城の七人』シリーズ

最後の作品となる本公演にご期待ください。

 

http://www.tbs.co.jp/stagearound/shuratenma/

 

 

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

 

捨之介と蘭兵衛が出てこない新しいストーリーですって!!!

 

【出演】

天海祐希

福士誠治、竜星涼 、清水くるみ

三宅弘城、山本亨、梶原善

古田新太

 

やばーい!!!

 

チケット取らなくちゃだわ。

でも、公演は来年3月からの話。

鬼も笑います。

が、舞台のチケットは悠長に構えていたらあとで泣くことになります。

鬼が笑っても早めに抑えねばなりませんww

 

そして、これから始まる “月” も楽しみなんです。

 


 

“月” は上弦と下弦、2チームで約3か月間の上演なんですが、

ひとまず、福士捨之介を生で観たいと思っておりますよ♡

早乙女太一くんの天魔王も楽しみです。

 

ネックは豊洲が不便、ってことだけよ。 ← 何度も言う。何度でも言う。

 

ということで、はい、”鳥” と “風” の感想も書いてませんけど?

えぇ、書けてませんね。

 

毎日いろいろ話題があるんだも~ん。

 

さて、明日からさらに寒気がやってくるらしいですよ。

あったかくして風邪ひかないようにしてくださいね。

ほな、良い週末を。





3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください