ビュールレ・コレクション

この記事の所要時間: 247

これ、行かねばならなかったんだった!!!

 

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

 

東京  2018年2月14日~5月7日 国立新美術館

福岡  5月19日~7月16日 九州国立博物館

名古屋 7月28日~9月24日 名古屋市美術館

 

 

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、

生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。

主に17世紀オランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・

ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ

世界中の美術ファンから注目されています。 この度、ビュールレ・コレクション

の全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの

全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現することとなりました。

本展では、近代美術の精華といえる作品64点を展示し、その約半数は日本初公開です。

絵画史上、最も有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

(可愛いイレーヌ)》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートルを

超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、極め付きの名品で構成されるこの幻のコレクション

の魅力のすべてを、多くの方々にご堪能いただきたいと思います。

Copyright © The Tokyo Shimbun, NHK, NHK Promotions Inc., All Rights Reserved.

 

あれ、yukabonさん絵画に興味ありましたっけ?

とか思ったあなた、そりゃそうよね、あんまり話題にしたことないわ。

でも、美術館とか実は好きなんです。

なんか、あのひんやりとした空間がたまらないんだけれど、

時間に余裕がないと楽しめない趣味ですよね。

それに別に詳しいわけでもありません。

ただ絵画や美術品を見るのは好きってだけ。

そして、行くなら一人で行きたい。

自分のペースで回れるから。

な~んて、ちょっと通ぶってみました。

 

あ、いろいろ話反れましたが、行かねばならない理由は、

美術館とかである音声ガイド、まぁ、普通で行ったら借りませんがw

今回のこのコレクションのナビゲーターは井上芳雄様ということで、

芳雄くんがいろいろ説明をしてくださるんだと思います♡

行かないと~~

 

東京終わったら、福岡と名古屋へ行くみたいだよ!

 

あのね~、モネの睡蓮も展示されているんだって。

写真も撮れるらしいよ。

このポスターのイレーヌも有名だよね~行かないとだよね~

 

でも、まだ1ヶ月猶予があった  ← えっ … 笑

 

http://www.buehrle2018.jp/

開催期間、休館日、チケット情報などはHP確認してね!

 

ほな。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください