リケジョ、西東京の扱い…

この記事の所要時間: 244

あんにょん!

木10ドラマ “人は見た目が100パーセント” をサクっと見ました。

女子力ゼロのリケジョ… の話となると

リケジョの端くれとしてはどんなもんかと録画したわけです。

ま、そもそも、良く描かれるわけはないとは想像していましたが、

世間のリケジョはこういうイメージなんだww

 

確かに学生時代は実習とレポートに追われ、

自分を着飾っている時間は少なかったけれど、

それでもそれなりにしていました…

女子力があったかと言うと疑問は残りますけどwww

 

基本的にリケジョに分類される人は、調べることが好き、

細かい作業が好き、根気強いので、

興味があることは極めるタイプかもしれません。

その能力が女を磨くことに向けられたなら、

きっと本来の桐谷さんの美しさが際立つ主人公へと

成長していくんでしょう。

 

しかし、そこへ向かうまでのリケジョさん…

可哀相なくらいの野暮ったさ。

そこまで自分を卑下して生きてないわぃ!

みたいな感じでみてしまいましたね。

 

それからね、主人公たちが勤めている会社が八王子にあるんだけど、

いわゆる西東京と呼ばれる東京都下なわけですよ。

丸の内は東、八王子は西。

コンプレックスを抱えているから地味でいたい。

東へなんて行きたくない。

って、ちょいちょい西東京をディスって来ます。

 

確かにね、山も近いし、都心と比べたら気温は低いし、

のどかな土地ですけどね。

八王子なんて東京で雪降ると必ず中継入るしねw

 

 

しかしまぁ、

西東京出身のリケジョからしたら、自分がダメ出しされてる錯覚に

陥りましたよ…

 

かつては私も東京都下の人間だから~、って自虐ネタにしていたけど、

自分で言うのと人から言われるのは別問題なのですww

西東京いいとこよ♡

リケジョも今は増えてましてね、ちゃんと女子なのよ♡

 

それじゃドラマにならないんだろうけどww

 

とりあえず、1話。

水川あさみさんの男前な感じと、

ブルゾンちえみの意外と演技が上手でびっくりしたところと、

鈴木浩介さんのはまり役は注目でした。

 

が、しかし、

逆にこちらからダメ出しするところと言えば…

そもそも丸の内に研究所がある企業なんて滅多にない!

白衣はちゃんと前を閉めなさい!

暗くて木造みたいな場所じゃ実験は出来ない!のです。

 

一応次回も録画すると思うけど、これから面白くなるか…

あまり辺にギャグっぽくしないで、リアルに描いて欲しいな。

脚本、演出家さんに期待かな。

 

“人は見た目が100パーセント”

“ひとパー” と略すらしい…ww

 

ほな。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください