鉄欠乏性貧血の治療の経過 その7

この記事の所要時間: 218

1月末に診察を受けてお薬だけもらってきた

貧血の治療の経過報告です。

(お久しぶりの報告です!まだ完治はしていません。)


これまでの血液検査の値はこんな感じ。

ちょうど2年半の治療の推移です。


2016年07月 血清鉄 17 フェリチン 10.0 ヘモグロビン 9.8
** 鉄剤服用 3ヶ月 **
2016年10月 血清鉄 85 フェリチン 27.3 ヘモグロビン 13.8
** 鉄剤、止血剤服用 3ヶ月 **
2017年01月 血清鉄 120 フェリチン 43.8 ヘモグロビン 14.1
** 止血剤服用 2ヶ月 **
2017年03月 血清鉄 148 フェリチン 29.6 ヘモグロビン 14.0
** 止血剤服用 2ヶ月 **
2017年05月 血清鉄 146 フェリチン 12.0 ヘモグロビン 13.4
** 鉄剤服用 3ヶ月 **
2017年08月 血清鉄 117 フェリチン 39.2 ヘモグロビン 14.7
** 鉄剤服用 2ヶ月 **
2017年10月 血清鉄  93 フェリチン 42.5 ヘモグロビン 14.0
** 鉄剤服用 3ヶ月 **
2018年01月 血清鉄  88 フェリチン 33.0 ヘモグロビン 13.8
** 鉄剤服用 2ヶ月 **
2018年03月 血清鉄  91 フェリチン 45.9 ヘモグロビン 13.9
** 鉄剤服用 3ヶ月 **
2018年06月 血清鉄  64 フェリチン 42.8 ヘモグロビン 13.8
** 鉄剤服用 3ヶ月 **
2018年08月 血清鉄  64 フェリチン 70.2 ヘモグロビン 13.5
** 鉄剤服用 3ヶ月 **
2018年11月 血清鉄  43 フェリチン 66.0 ヘモグロビン 13.6

こちらの数値、貧血に効いてくる項目なのですが

正常値はこんな感じ。


血清鉄(29~164 μg/dL)
フェリチン(5.0~157.0 ng/mL)
ヘモグロビン(12.0~16.0 g/dL)


ずっと服用しているのでやっと正常値の範囲内に入っていて

服用していてもやっと閾値を超えてキープ出来ている感じなのです。


昨年11月の診察時、結果が安定したので

血液検査は半年後にしましょう。となったのですが、

投薬は3ヶ月分しか処方できないので

結局3ヶ月経った先日診察を受けて処方箋をもらって来たんです。

次回は4月の末の診察予定。

10連休のゴールデンウィークの前に血液検査です。


なかなかちゃっちゃと回復とは行かない鉄欠乏性貧血。

治療はまだ続きます。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください