「グレート・ギャツビー」のすすめ

この記事の所要時間: 345

すでに東京、愛知公演が終了したところですが、

今日は「グレート・ギャツビー」について書きたいと思います。

 

「グレート・ギャツビー」、「華麗なるギャツビー」と聞けば、

原作を読まれた方、映画を観た方、宝塚版を観た方、あるいは

ブロードウェイ版とか韓国版とか、とにかく知っている方が多い

と思われるこの作品。

 

今回、東宝版としては初演、主人公を演じるのは井上芳雄、

脚本・演出が小池修一郎と解禁になってから楽しみにしていました。

なのにFCでチケット申し込みし忘れるという失態を犯したのは私です。

まぁ、それは置いておいて。

 

Copyright Toho Co.,Ltd.All rights reserved.

 

プリンスのこのビジュアル♡

プリンスがプリンスの王道を行く作品、久しぶりのミュージカル。

芳雄くんのファンは待ち焦がれていたに違いありません。

 

そもそも、「グレート・ギャツビー」は、20世紀の文学史における

最高傑作の一つとされる名作。

著者は、F・スコット・フィッツジェラルド。

村上春樹さんが影響を受けた作品としてあげ、翻訳したことでも

知られている作品なんだそうです。

音楽もどうやら気鋭の作曲家と言われている、リチャード・オベラッカー

による全曲書下ろし。

この作品、これまでに何度も映画化、舞台化されている上、

日米ミュージカル界最注目のキャスト・スタッフによる新たな

『グレート・ギャツビー』が誕生する!!なんて宣伝文句を聞くと

一度は観ておいた方が良いと思って来たでしょ?ww

 

【ものがたり】

作家志望のニックがニューヨークで居を構えたのは、毎夜のように

豪華絢爛なパーティーを開く謎の大富豪ジェイ・ギャツビーの豪邸の隣。

ニックはある夜、ひとり佇み湾の向こう岸の灯りを見つめるギャツビーの

姿を目にする。

そこにあるのはニックのいとこデイジーとその夫トムの邸宅。

ニックは、ギャツビーに興味を抱き始める。

そして遂にギャツビーのパーティーに足を踏み入れたニックは、デイジーの

友人ジョーダンとの出会いを通じ、ギャツビーの過去を知る…。

やがて、ギャツビー、デイジー、トム、そしてトムの愛人マートルとその夫の

ジョージ、それぞれの想いが交錯していき、物語は悲劇へと進んでいく――

 

【登場人物と相関図】

Copyright Toho Co.,Ltd.All rights reserved.

 

【あらすじ】

簡単に物語を説明すると、恋人同士だったギャツビーとデイジー、

ギャツビーが戦争に行っている間に結婚してしまったデイジーを

ずっと想い続けている。

デイジーが住む豪邸の湖を挟んだ向かい側に豪邸を建て、

毎晩誰でも入れるパーティーを開いて、デイジーと再会できる日を

待ち望んでいる。

ある日隣に引っ越してきたニックがデイジーのいとこだと知って、

ニックに頼んでデイジーと再会する。

再会したデイジーはとても幸せそうには見えない。

時間を取り戻そうとする2人、浮気をするデイジーの夫、

浮気相手の夫婦、それぞれ自分の感情を抑えられずに

奔放に生きる結果、すべての人に悲しい結末が待っている。

 

まずはこの作品が名作だと言うこと、韓国でも人気の作品だし、

いづれはジュンスも!?なんて考えると観ておいても良さそうだ!

そうそう、先日書いたようにジュンスに風貌が似ているアンサンブルの方も

出演されています。

 

グレートギャツビーに!まさかっ!

 

これから大阪、福岡公演がありますので、良かったらどうぞ。

 

2017.7.4~16 梅田芸術劇場メインホール

2017.7.20~25 博多座

 

感想はまた別記事で。

 

参考:グレート・ギャツビー公式ホームページ

 

ほな。


2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください